ページビューの合計

2017年9月28日木曜日

「LGBT 差別 弁護活動」

2か月ほど前、世界テニス界の大重鎮であるマーガレット・コート氏にまつわる事件がありました。同氏は、オーストラリアの大手航空会社であるカンタス航空が同性婚の促進活動を行うことについて批判し、「可能な限りカンタス航空を利用することを避ける」と発言しました。
これに、たくさんのテニスプレーヤーたちが異を唱えました。
異を唱えたテニスプレーヤーの中には、同性愛者も、そうでないプレーヤーもいたと思います。
異を唱えたプレーヤーの一人が、昨年世界ランキング1位になったアンディ・マレーでした。
彼は、コート氏の発言について
「愛し合う二人が結婚することを、なぜ他人が問題視するのかわからない。男性同士であっても、女性同士であっても、それはすばらしいことだ。何が問題なのかわからない。みんな、同じ権利を持つべきものだ」
として、批判しました。

マーガレット・コート氏のテニスにおける功績には最大限の敬意を払いつつ、私はアンディ・マレーの意見を支持したいと思います。
人が誰を愛するかは自由で、(もし法律婚制度を採用するならば)法律婚制度は、それに見合ったものである必要があると思います。

私が弁護士として事件の依頼を受けて事件のことを聞いていく中で、依頼人から、実は同性愛者、両性愛者であるという告白を受けることがあります。そのことそのものが事件の背景にあったりする場合もあるからです。そして、そのことを自由に周りに話せないことが、事件の解決に関して大きな障害となっていることも多々あります。
こうした事件を受任した時、自分の恋愛対象、性対象について自由に語ることのできない世の中に対して、怒りに等しいようなもどかしい感情を持ちます。私自身はこの問題に関して全く偏見はありませんが、しかし、世の中にはあるのです。
同性愛というのは、異性愛者にとってみれば、自分とは違う存在です。自分とは違うものが、現実に存在しているのです。問題は、違うものを、違うものとして受け入れるか、気味の悪いものとして排除しようとするかです。これは性的マイノリティ(近時では、「LGBT」と呼ぶことが多いです)差別だけの問題ではなく、人種差別、国籍差別、性差別、宗教差別など、あらゆる差別にあてはまる問題だと思います。

マーガレット・コート氏の発言の背景には、差別的な意図というよりも、彼女の宗教的な世界観があったのかもしれないと思います。僕はキリスト教を差別するつもりはありません。彼女がその考え方に従って、ひとつの航空会社を今後利用しないという行動をとることは、もちろん自由だと思います。
しかし、その考え方の当否は、議論されるべきです。誰もが愛したい者を愛し、それを自由に表明することに障害のない社会であってほしいです。

2016年7月27日水曜日

「病院に行ってきました」

今日は病院に行ってきました。
ご心配なく、整形外科です。
左肩肩甲骨付近に痛みがありましたが、レントゲン等も問題なく、内科的な所見もみられないとのことで安心しました。どうやら筋肉か、筋を痛めたようです。湿布と飲み薬を処方されて帰ってきました。

どうしてこんなことをブログに書こうと思ったかというと、ネタ切れではなく、医師の対応について思うところがあったからです。
私はその医師を信頼しています。今日も、診察を受けてとてもよかったと思いました。理由はいくつかあります。

1、まずは私の話を聞いてくれる
 診察室に入ると、その医師は、まず私に「今日はどうしましたか」と聞きました。
 私が話し始めると、その医師は私の話を遮ることなく、一通りの話をきいてくれました。
 私は、痛みの内容と、どこがどのくらい前から痛むのかなどを自由に話しました。
2、私の話で不足している情報を質問してくれる
 私が一通り話すと、その医師は、私に、いくつかの質問をしました。
 「痛みの原因に心当たりはありますか」「どういう動きが痛みますか」「肩こりはありますか」「手にしびれはありますか」・・・などなど。
 その一問一問に、診断に必要な情報を得る明確な意図があるように感じられました。
3、一般人にもわかりやすい助言
 その後レントゲンを撮り、その結果も踏まえて、助言をいただきました。
 その医師は、限り難しい言葉は使わずに、かつ、明快な根拠を示しながら、判断を示しました。レントゲン写真を参照しながら、客観的な数字を示して、判断の根拠を説明しました。その説明は論理的で、どれも納得できるものでした。
4、「また来てください」といわなかった
 診察の結果により、特に大きな問題がないとわかったその医師は、「湿布と飲み薬を出しておきます。もしさらにひどい痛みなど様子が変わるようなら来てください(そうでない限りは来なくて構わない)」という趣旨のことをいいました。
 診療報酬を稼ぐために「様子を見せに来てください」といってもよかったはずです。その医師は、自分の利益ではなく、患者にとってベストな解決は何かを考えてそれを伝えているように感じられました。(むろん、医業に関しては素人ですから、素人的な見解です。実際に経過観察が必要な事例があることは理解しています)

こうして私は満足して帰ってきたわけですが、ふと、これは弁護士の法律相談や、依頼人との打ち合わせなどにも共通することがたくさんあるように思いました。
まず依頼人の主張にじっくり耳を傾け、法的判断に必要な事実関係をさらに聞いたうえ、わかりやすい言葉で、論理的に助言をする。これは弁護士の仕事をするうえでも基本的で、必要不可欠な要素だと思います。そして、「私に依頼してください」というのではなく、弁護士の援助が必要であるかどうかも含めて助言するのが、弁護士の役割だと思います。
私が患者としてその医師と話して信頼感を抱いたように、私も依頼人や相談者との間で、そのような関係を常に築きたいと思いました。
 
その整形外科は、何軒かの整形外科を実際に受診し、比較して選んだ病院です。
最寄りの整形外科より少し遠いですが、信頼に代えられるものではありません。
一般の方が弁護士を選ぶときにも、比較の視点は重要です。ほかの弁護士と比べてみてください、と自信をもって言える弁護士でありたいと思います。

2016年6月23日木曜日

私の名をかたった不審電話について

近日,私の名前をかたった不審な電話がかかってきたとの報告を受けました。

不審な電話の内容は,
「東京弁護士会の第一紛争解決センターの弁護士の山本」を名乗り,
「不正な電話でのアクセスがあった」などとして,「不正料金」を支払うように求める電話のようです。

当然ながら,私自身がこのようなお電話を差し上げることはありませんし,このような内容に限らず,担当している事件と無関係に金銭のお支払いを要求する電話を差し上げることもありません。
私の名をかたった詐欺等の可能性がありますので,お電話を受け取った方がもしいらっしゃいましたら,支払には絶対に応じず,東京弁護士会および最寄りの警察署までご相談下さい。

本件については,東京弁護士会において調査を進めているほか,私自身も,法的措置を含め何らかの対応を検討中です。

久しぶりのブログ更新がこのような記事で残念です。

2016年4月26日火曜日

「季刊刑事弁護」

久々の更新です。
久々どころか・・・なんと気がつけばひとつ前の投稿が9ヶ月以上前という事態になってしまいました。
原因はいくつかあるのですが,同僚から
「ブログを書くのに力を入れすぎじゃないか,もっと気軽な記事でいいのでは」
というもっともなご指摘をいただきました。
というわけで,これからは,肩の力を抜いて,短めの記事になっても更新頻度を増やしていこうと思います。


さて,本題ですが,「季刊刑事弁護」という書籍があります。
http://www.genjin.jp/keiji-bengo/keiji-index.html
昨年くらいから,この季刊刑事弁護の編集委員(雑誌の企画等を行う弁護士)を担当させていただいています。編集委員には,私の所属する事務所からも,坂根真也弁護士,久保有希子弁護士が参加しています。
実力派弁護士達とともに,毎号の企画についてあれやこれやと議論するのはとても勉強になることですし,「刑事弁護といえばこの本!」の季刊刑事弁護の編集委員を務めることは,それ自体がとても光栄なことです。
今回の最新号「徹底的に争う否認事件」も,企画立案に関わりました。私自身の書いた論文も掲載されていますので,興味のある方は是非手にとってお読み下さい。


最後にブログをもっと更新しようと思った動機について。
最近,依頼人の方や相談者の方から,ブログの記事について好評をいただける機会が多くなりました。とくに,刑事事件の弁護士費用や,刑事弁護士の選び方に関する過去の記事についてはたくさんの方にお読みいただいているようです。
今後も,一人でも多くの方に有益な情報が提供できればと思っています。
というわけで,今後は,ちょこちょことブログを更新します。

2015年8月10日月曜日

「教える」

先日、私の所属する東京弁護士会において、法廷弁護技術の研修が行われました。
私は、東京弁護士会で、法廷技術研修を統括運営する立場を務めると同時に、研修の講師も担当しています。

この研修は,裁判の法廷で行われる弁護活動を、実際の裁判さながらに受講生が実演をし、それに対して講師がコメントをする、という方法で行われます。
このとき,講師のコメントのやり方には,一定の決まりがあります。
それは,①伝えたいメッセージを簡潔に表現し②受講生の実演で問題のある部分を正確に引用し③何がまずいのか理由付けを述べ④具体的な改善策を示す という4つの手順です。

具体的にやってみましょう。
①伝えたいメッセージを簡潔に表現
「主尋問では、誘導尋問をしないようにしましょう」
②受講生の実演で問題のある部分を正確に引用
「今の実演で、あなたはこう証人に問いました。『そのとき、犯人の顔が見えたんですね』」
③何がまずいのか理由付けを述べ
「尋問者が、証人をある答えに誘導する質問、つまり誘導尋問は、尋問者の意図を証人に言わせているだけになってしまいます。検察官から異議が出ますし、裁判所にこちらの意図する事実認定をしてもらうこともできなくなります。主尋問では、オープンクエスチョンをして、証人自身に自発的に事実を語ってもらうようにしましょう」
④具体的な改善策を示す
「ですから、こう問いましょう。『そのとき、あなたには何が見えましたか』」

これは最も基本的な技術のひとつについてのコメントの一例を紹介したものですが、最近、この指導方法、何も法廷技術のみにとどまらず、「教える」ということに普遍的なものだと思うようになりました。
私は、大学院の後輩などに、司法試験の受験科目の答案について指導することがあります。
大学の部活の後輩に、(教えるほど上手でないことを百も承知で言いますが)テニスの指導をすることもあります。
そういうとき、私は常に上の指導方法を意識しています。
もちろんそのまま全部そっくり行うわけではありませんが、特に④具体的な改善策を示すということは、どんな指導にも不可欠だと思います。
優れた指導は必ず具体的です。「この答案の書き方はどうもわかりにくい」とか「君のフォアハンドはどうもよくないね」などといった抽象的な助言では何の意味もないのです。
どうすれば答案がわかりやすくなるのか、どうすればフォアハンドが良くなるのか、具体的にその人がどうすべきかを助言しなければいけません。「『~と解する』はやめて『~である』と書きなさい」とか「グリップを太くしろ!」とか、助言は具体的であればあるほど(それが取捨選択の対象になるという意味も含めて)役に立つと思います。

この助言には、助言をする側の能力がもろに出ます。
やってみるとわかります。自分が理解していないことについて、具体的な助言はできない。
法廷技術なら裁判の、法律の答案なら法律の、テニスならテニスの、深い知識と理解が求められるのです。

ですから、自分が「教える」機会のために、日々、いろいろなものに触れて刺激を受け、学び、知識や理解を深めるように努めなければなりません。
法廷技術研修や新人の指導など、自分が教える立場になることも多くなってきましたが、もちろん、まだまだ僕自身も足りません。これからも、自分に謙虚に、研鑽を積んでいきたいと思います。学んだことを他者に伝え、少しでも役立ててもらえればよいと思います。
そしてそのことこそが「教える」ことの本質ではないかと思う次第です。

さて、これから、明後日から始まる日弁連主催の3日間研修の準備です。

2015年7月6日月曜日

「民事もやるんですか?」

私の所属する事務所は、刑事事件を中心に扱っています。
すると、たくさんの人から、この質問をされます。

「民事もやるんですか?」

特に、私が刑事事件に力を入れていることを知っているほかの弁護士や、裁判官、検察官などからも聞かれることがあります。

やってます!笑

もちろん、ホームページをご覧になってお問い合わせをいただく方はほとんど刑事事件のご依頼です。しかし、刑事事件を担当したことで信頼いただき、その方から民事事件のご依頼を受ける例のほか、事務所事件とは別に個人として依頼を受ける事件など、相当数の民事事件も取り扱ってきました。
その中で、刑事事件の経験が民事事件にも生きるなあと思うことが多々あります。

ひとつは、交渉力です。
刑事事件の弁護活動では、たくさんの交渉を行う必要があります。
被害者との示談交渉。検察官との交渉。
そして、その交渉は、通常、マイナスから始まります。
依頼人は拘束され、刑事処分が迫っています。
場合によっては足元を見られるような交渉になりがちです。
そのなかで交渉を行うには、的確に先を見通し、交渉する相手の気持ちを考え、お互いにプラスになるような解決をできるよう、交渉に臨むことが必要です。こうした力が、事件を通じて鍛えられます。
民事事件も、相手との交渉になることがあります。民事事件では、こちらにも有利な材料が多い場合も多いです。刑事事件で培った交渉力が役に立つと感じられることが多々あります。

もうひとつ重要なのは、尋問技術です。
刑事事件では、常に証人尋問に直面します。
刑事裁判では、証人尋問が当事者の立証活動の中心になることが多いです。私たちは、事件を通じて、常に証人尋問を行っています。
また、刑事裁判に勝つため、事件の外でも尋問技術のトレーニングを行っています。
民事事件でも、証人尋問をおこなう事件があります。私も何件も経験しています。
このとき、刑事事件で鍛えられた証人尋問技術ほど頼りになるものはありません。
民事事件も、刑事事件も、証人尋問の本質は変わりません。むしろ、証人尋問の比率が大きい刑事裁判で鍛えられた尋問技術をもつ弁護士は、相手にとって脅威といえると思います。

このように、刑事事件の経験が民事事件にいきる場面は多くあります。
一方で、やはり、同世代の弁護士よりは民事事件の経験数は少ないので、私などはどうしても民事の知識の豊富さでは勝負できません。
知識の足りなさは、その都度事件を受けた時に、いつも以上にしっかりと調査することを心がけています。
そして、刑事事件で培った自分なりの武器をもとに、民事事件の弁護もとりくむようにしています。

最近気づいたのは、民事事件もとても魅力的な仕事ですね。
依頼人とともにあれやこれやと話しながら、いろいろな解決方法を模索するというのは、創造的でやりがいのある仕事だと思います。

2015年5月23日土曜日

「勉強や研究」

「実務に出ると、司法試験で勉強したことなんて忘れちゃうよね」

こういうことをいう弁護士がいるやに聞きます。
実務に出ると、日々の事件に追われます。日々の事件は、司法試験で勉強したような、法律の細かい解釈や判例の解釈を必要としない事件がほとんどです。だから、冒頭のような言葉が聞かれるのでしょう。

しかし、私は、絶対にそういう実務家にはなりたくありません。
私自身も、じゃあすべて司法試験の知識を覚えているかといったら絶対にそんなことはありません。忘れている部分もあります。ですが、それを当然とするのではなく、日々法律的知識・思考力の向上や、日々出される裁判例・判例のキャッチアップに務めたいと思っています。

この土日を使って、日本刑法学会大会に来ています。
刑事法の研究者の先生方、裁判官などが研究を報告されました。
刑事法概念の本質にさかのぼったきわめて学術的に興味深い研究や、裁判員裁判と刑法理論の架け橋といったような実務に大きく関係する問題まで、非常に充実した時間を過ごせています。

これまでたくさんの刑事事件を経験する中で、司法試験で勉強したことや、実務に出てから勉強したことが、本当に役に立っています。
それが法廷で武器になることを実感しています。
法廷で起こっていることが適切なことか、法廷に出された証人の尋問や証拠が適切なものかは、法律の条文、その解釈を述べた判例を理解していなければ、判断できません。
知識を忘れながらでも、勉強を怠りながらでも、慣れてしまえば「できてしまう」のかもしれませんが、ベストな弁護からはほど遠いものとなってしまうでしょう。

今後も、日々の事件に全力を尽くすことはもちろん、ベストな弁護をするための勉強や研究にも力を入れていきたいと思っています。